日帰りで行ける離島。琉球王国の聖地「久高島」に行ってきました!

スポンサーリンク
沖縄

日帰りで行ける離島。琉球王国の聖地「久高島」に行ってきました!

今回は琉球王国の聖地「久高島」に行ってきました!

沖縄島めぐり第2弾です!

スポンサーリンク

久高島とは

沖縄本島の東側の海にある小さな島、久高島。

縦に長い島で往復8㎞程らしいです。
人口約200人でその6割ほどは高齢者だそうです。
多いときは500人以上も住んでたらしいですが高齢化の影響でここまで減少しているそうです。

「もう10年したらもうだれも住んでないかもしれん。あんたも良かったら10年後にまた来てみて。」

と、島で出会ったおじいちゃんに言われたのが心に残っており、その悲惨さを物語っているようにも思いました。

冒頭でも言ったように久高島は琉球王国の聖地です。
なんと年間30回も祭祀が行われているらしいです。
大漁祈願や健康祈願などをすると出会ったおじいちゃんは言ってました。

スポンサーリンク

久高島にはどうやって行くの?

本島から陸路でつながっていないため、船に乗る必要があります。

南城市にある安座間港から出ています。
時刻、料金等はこちらをご覧ください。

久高島フェリー(料金・時刻表)
沖縄本島(安座真)~久高島を高速船とフェリーの2隻体制で1日6往復便毎日運航!

僕は11時発のフェリーに乗り、帰りは16時の高速船で帰りました。
フェリーには車を乗せることは可能で高速船はダメだったと思います。

久高島は小さい島ですし道も細く舗装されてない場所も多いので車は港において行くことをお勧めします。

どうやって回ったらいいの?

基本的に3パターンに分かれます。

  1. レンタル自転車でゆっくり自分のペースで回る
  2. 現地のガイドさんと回る
  3. 車で回る

3の車で回るに関しては先ほど述べたように道が細いですし舗装されていない場所が多いのでおすすめしません。

1.レンタル自転車でゆっくり自分のペースで回る

僕が訪れたときはこのパターンで回りました。
体を動かすことが好きな方は絶対これがいいです!
めちゃくちゃ気持ちいいです。

自転車は島に入ってすぐのとこにレンタル屋があるのでそこで借りれば間違いないです。

僕は帰りのことも考えて、港から一番近い場所で借りました。

料金表は以下のようになってます。

僕は終日借りたのですが正直3時間あったら十分です。

久高島は往復して8㎞程なので2時間で回れます。
それにプラスしてビーチで写真撮ったり、東屋で休んだりを考えても3時間あれ十分かと思います。

2.現地のガイドさんと回る

現地の人と話したい!って人はこれに限ります。

僕が行った時にも現地のガイドさんと回っている人はいました。
久高島の港まで迎えに来てもらっていたました。
やはり現地の人と回るとコアな情報やスポットを教えてもらえるのでちょっとうらやましかったです。

次行くならガイドさんと回ってみようかなって感じです。

ガイドさんの申し込みは載せておきます。興味のある方は参考にしてください。

《コロナウイルス対応は、安座真港に於ける久高海運・職員の入島対応に協力下さい》
医療体制脆弱の離島である事から、ご来島のお客様と共に安心して頂けますよう、 久高島への入島の際は、定期船の職員の指示にご協力いただきますようお願いします。 『久高島ガイド友の会」は、久高島自治会の下部組織であり、久高島の歴史文化を探究する為に発足した、島人中心のガイド組織です。今後とも、ご指導頂きますようお願い申し上げ...

おすすめスポット

訪れてみて個人的におすすめだった場所を3つ紹介します!

久高島は小さい島なので今回紹介する場所は必ず行ってほしい!

1.ハギャーン

久高島の一番奥にある岬です。海がきれいなのはもちろん、大迫力波を間近で見れるので楽しいですよ。

個人的にはハギャーンに向かう一本道が大好きでした。

2.ピザ浜・いしき浜

島の東側にはビーチがたくさんあります。砂浜もきれいですし海もきれいなので行かない手はないです。

潮が引くとサンゴ礁が現れるのでいろんな時間に行ってみるのもいいかもしれません。

3.ロマンスロード東屋

島の西側にあるロマンスロードと東屋は絶景です。西側は崖になっていて海近づくことはできないのですが崖の上から見る眺めは最高です。

疲れたときに東屋でひと休憩もできるのでとってもおすすめです。

久高島を回る上での注意点

久高島は神聖な島であるため多くの注意点があります。

詳しくは久高島のホームページに書いてあるのですがこちらでも軽くまとめておきます。

久高島にお越しになる方へ
久高島に興味・関心をお持ち頂き、誠にありがとうございます。久高島にお越しになる際には、ぜひこちらのルールやお願いごとをしっかりとお読みください。ご理解・ご納得頂いた方を心から歓迎致します。

・一般の人が入れない場所があります(フボ―御嶽)。注意書きがあるのできちんと守りましょう。

・石や砂、自然のものは島外に持ち出してはいけません。

基本的にはこの二つですが旅行をする上での最低限のマナーはきちんと守りましょう!

最後に

久高島は神聖な島です。

良くも悪くも何もない島です。

海を眺めたり風を感じたり多くの自然のパワーを感じ取れます。

流れている空気がすごく心地いいんです。

島民もすごく優しいです。

猫もたくさんいます。

そんな素晴らしい島なんです。

たいが

大学院を休学して旅をしてます。
・四国一周チャリ旅
・九州チャリ旅
・インドネシア留学
・海外ボランティア
・ロシアW杯現地観戦
・ベトナム縦断
などなど様々な経験を通して多くのことを学んできました。
その中で旅は自分にとって必要不可欠なものだと気付きました。
旅は素晴らしい。多くの人に旅に出てもらいたい。
自身の旅の経験をもとに旅に出るためのサポートができたら幸いです。

たいがをフォローする
沖縄
スポンサーリンク
たいがをフォローする
NONTA TRIP

コメント

タイトルとURLをコピーしました